うさぎのそうくつ -blog-
[ Admin / RSS ]
[ サイトTOP ]

(二次)オリジナル中心・親馬鹿でチラ裏な雑食ブログ
MY主人公・二次オリ・擬人化要素/NL・BL・GL要素/女装・パロディ等々ごちゃ混ぜです
(露骨な描写はありませんが、臭わせるようなものが含まれるので気持ちR-15くらい)

* [Original] | 2017.10.16

怪盗「ジャック・ラビット」と魔術師「マジョラム・ローズクォーツ」。大分ノリが違うけど同一人物です。
ジャックちゃんの正体が「魔術師のローズクォーツ」の末裔という話は……してなくてもあからさまなので、まあ。
メリッサさんの実妹か子孫かで悩んでたって話はしたっけ。最終的に妹の子孫ということで落ち着きました。

ローズクォーツの血も大分色々と混じっているので、マジョラムちゃんが特別メリッサさんに似ているだけ。
メリッサさんの死後、ローズクォーツ家は家財も技術も地位もあらゆるモノを取り上げられてしまったので、
再び魔術師界に返り咲くために裏で何百年にも渡ってメリッサさんを蘇生する方法を探り続けていたんだけど、
マジョラムちゃんが容姿も魔力の質もメリッサさんに似ていたので、計画を実行するならこの代しかない……
という訳でマジョラムちゃんは「怪盗ジャック」としてローズクォーツ由来の品を集めていたと。
ただ「怪盗ジャック」としての活動が意外と楽しくて、ロッテちゃんにも「魔術師はつまらなさそうね」と指摘されちゃう。

当初は蘇生直後で錯乱気味なメリッサさんが魔術師編のラスボスの予定だったけど、メリッサさんは蘇生直後から
通常運転そうだよな……ということで、マジョラムちゃんかヘルメスさんになりそうです。
マジョラムちゃんとヘルメスさんは共に「蘇生したい者がいる」という点での利害の一致上の関係だけど、
ヘルメスさんの方は少なくとも魔術師編では叶わず終わるので、どっちでも「魔術師を巡る編」にはなるかな。
ヘルメスさんは恐らく魔女になる。そして、ヘルメスさんの「蘇生したい者」は精霊なのでちょっと難易度が…と。
マジョラムちゃんが復活したメリッサさんを見たら絶対「何か思ってたのと違う……」という反応になるやつ。
スポンサーサイト
* [Original] | 2017.10.11

杏子ちゃんもちょっとデザインを弄ったので改めて。後ろの獣姿がなかなか可愛く描けたと思います。
けもみみの内側をどう塗るかで悩んでいたけど、やっぱり毛色が白ならピンク系の方が可愛いのかな。

白梨ちゃんは「犬神の生み出す瘴気で鳳鸞の具合がちょっとまずそう」と聞いてやってくる助っ人で、
杏子ちゃんは稲葉さんと一緒に妖怪か何かも分からない謎の勢力を調査するという役割で本筋に絡んでくる。
東国譚は大蛇編で一段落で常世編(仮)からは新展開というイメージだったんですが、もうボス案も特別ないんだし
常世編が最終章と仮定してしまってもいいのでは…とも思い始めている。
で、そうなるとやっぱり最終ボスは空亡かなぁと思うので、常世編じゃなくて空亡編になるのかもしれない。
この常世編の「常世」も「常世神」のことなんですけど……って前にもぼやいたかよく覚えてない。
* [Original] | 2017.10.09

改めて白梨ちゃん。何だかんだでこういう幻獣系のデザインを考えるのは楽しいです。
練る時は大抵wikiやらの記述と画像検索で出てきたものを照らし合わせつつ落としていくんですが、
今回は特定の絵をモチーフにしているというか。具体的に言うと日光の襖絵です。
狩野派が絡んでいると言われたらそれしかないじゃん~と思ったけど、実際に誰の作品かは不明らしい?
ただ二本角なのは初めから決めていたので、最終的に画像検索で出てきた自在置物が一番近くなった気がする。
あれも襖絵をモチーフにしているように見えるんだけど……違ったらどうしよう。いや、どうもしないんだけど。

ちなみにうちの麒麟が二本角なのは、後にカイチを追加した時の差別化という理由。
でもカイチはポジションも浮かばないし…と予定未満の存在だったのに、ふと地獄で裁判の手伝いをしている
という設定案が降ってきたので、そのうち登場してしまうかもしれない。
その場合、閻魔様とは地獄のシステムが出来た頃からの付き合いとかになるのかな。
ますますうちの地獄が愉快な感じになっていく…。うちの地獄が愉快になったのは大体某地獄コメディのせい。
* [Original] | 2017.09.30

麒麟の白梨ちゃんと白澤の杏子ちゃん。白梨ちゃんが難産だったので、可愛くまとまって満足。
そういえば、この2人は苗字が同じだけど、これは陸の霊獣繋がりで同じものを使っていたんだっけ…?
そもそも霊獣ズは苗字はいらないような気がするので、鳳鸞共々なくしちゃっていいかもしれないな。
白梨ちゃんの色決め段階で別個に全身も描いていたけど、そちらは今月中に間に合わなさそうなのでまた後日。

今月は筆のノリもよかったし、タグ打ちもはかどったので、次の更新で紡唄設定は全部新verにできそうです。
ひとまず名前だけ扱いになった弓弦さん(八幡様)・天津神きょうだいとか、どうしてもポジションが定まらなかった
実梅さん・翠羽ちゃん・環さんとか、一旦下げる人らもいるけど。この辺は追々詰めていくということで。
ずっと統合と分離を繰り返していた山ダンジョンが『朧の山』『天の山』『蓬莱山』という区分で落ち着いたので、
霊獣ズは『蓬莱山』の出身ということになりました。そして蓬莱山といえば霊亀だよねって。
ここまできたら応竜も出すしかないのでは? でもって年老いた応竜=黄竜なら、配下として四神も出せる…?
* [Original] | 2017.09.18

(八岐)大蛇の鬼灯さん……の幼変化ver。目色を2色にしてみたら良い感じに不気味になったかも。
描きながらこっちの姿の猫被りっぷりが気に入ったので、もう最終決戦間際までこの姿でいいんじゃないかな。
この姿の元になったのは女の子だけど、鬼灯さん自身は男性なので扱い的には性別ハテナ。
その癖、魔魅さんからの呼ばれ方は一貫して「お祖父様」なのでカオスが極まる。見た目ロリのお祖父様。

ちなみに手にしているのは「天叢雲剣」。写真を見ながら描いたけど、もう少しデザインを何とか……。
個人的に「八岐大蛇が人に転生して剣を取り返した」という逸話にわくわくしたので、そんな感じです。
鬼灯さんは転生したというか、この姿の元になった子に取り憑いたとかかな。
当初は橙花ちゃんがこの剣を更に取り返して鬼灯さんにトドメを~という展開も考えていたけど、
何なら緋緋色金を探すところから始めて新たな剣を作るとかの方が楽しそう。
そういえば緋冥家に緋の字がついているのはただの趣味なんだけど、三種の神器が緋緋色金製と知って
図らずもこう……ぴったりだったな? 実は緋色さんも緋緋色金が混じってるとかでもいいのでは?

珊瑚さんが竜で鬼灯さんが蛇なのは分岐進化的なアレだと思う。鬼灯さんの叢雲姓は勝手に名乗ってる。
八岐大蛇って「八つの頭に八つの尾」と表現されることが多いし、後者だけを抜き出すことにすれば
デザインには落としやすそうだけど、インパクトは足りなくなるんだよな……とずっと悩んでます。
八岐大蛇のデザインは大神が最高に好きでな。というか色々と分かりやすく影響を受けている。
* [Original] | 2017.09.11

竜と言えば珊瑚さんも竜神だよなと思ったので、ついでに勇魚さんと夫婦で並べておきました。
勇魚さんもきちんと全身を描いておきたいと思いつつ描き損ねていたので、丁度よかったかな。
これは別個に描いたものを合わせる時に調整をミスったので比率は合ってない。
最初は珊瑚さんの2段目のスカートも透けてたけど、途中で透けてない方がいいなと思って止めました。


ポジション的には珊瑚さんが「竜宮城の乙姫」になるんだろうけど、大半の人は勇魚さんの方を見て
「おとぎ話の乙姫様だ!」って反応をするんだろうなぁと。
その辺に詳しいはずの朱君ですらそうなりそうなので、仕方がないんだ……。
最後のコマの2人は「これ機嫌損ねちゃったんじゃね?やばくね?」という反応。

ところで何も考えずに設定ページで珊瑚さんも恵比寿姓で表記してしまっていたけど、
勇魚さんの「恵比寿」は称号のようなものなので、珊瑚さんが恵比寿なのはおかしいんですよね。
神族は称号を前につけるという法則で合わせると、珊瑚さんは「竜王珊瑚」が正しい。種族が竜神。
この辺は次の更新時にそっと直しておこう。そうなると天照・月読きょうだいも別名が欲しくなるな。
* [Original] | 2017.09.05

某お空のイベストを読んでいたら、やっぱり竜系の太い尻尾もいいよなぁと思ったので時雨ちゃん。
時雨ちゃんも過去ログを見てみると描き方がバラバラなので、きちんと固めてあげたいところ。
ついでに設定ページを弄っていたら、時雨ちゃんの身長が意外と高くて驚きました。自分で決めて忘れる。
半分蛇だけどもう半分は竜なので、比較的大きめなのをイメージしていたんだろうか。
九十九さんより時雨ちゃんの方が大きいんだな…。というか九十九さんが結構小さい。

竜と言えばドラゴンメイドのラリアちゃんは役回りを悩んだまま幻になりかけている……。
やっぱりウェルシュドラゴンを使うなら守護獣にしたいんだよな~って。となるとラリアちゃんは何だ…という。
* [Original] | 2017.08.25

桃李さんと樒ちゃん。デザイン調整がてらだらだら描いていたら方向性を見失ったの図。
樒ちゃんはそもそも煙が意志を持っているような存在なので、常に実体があるようなないような感じ。
何か地獄組共通のモチーフが欲しい→やっぱりヒガンバナでは?という脳内会議があったのですが、
ヒガンバナは描き方を間違えるとぽく見えないということが分かりました。コレジャナイ感。
おまけにヒガンバナで唸っていたら、肝心の蝶の羽を描き忘れるという痛恨のミス。

今月はあまり筆が乗らなくてお絵かきがはかどってないな……。
唐突ですが来月辺りにサイトの方を移転しようかなと思ってます。ブログは多分このまま。
* [Original] | 2017.08.13

はちみつの日(8/3)辺りから描いてたハニー。意図的に構図を数年前のものに合わせている。
ハニーを描く度に「尻尾は2本でいいんだっけ?」と思うんだけど、過去ログも2本だから間違いはないはず。
でも毎度一瞬悩むのは、2本にした理由がよく思い出せないからなんだろうなぁ。
多分姉妹に合わせたんだと思う…? そしてこの姉妹がよその子なので、アレでソレなのです。

ハニー・クレナ・カミルレ辺りはよその子に合わせて生まれた子。シロップも半分くらいそうかな。
その頃はオリソニでリレー小説をやっていたので、そのまま勝手に出せない設定も多くあるんですが…。
ずっとそこら辺をどうにかしたいなとは思っている。ハニーとクレナは紡唄の方に持ってきたいなと。
カミルレは宇宙警察とかそういうアレなので悩む……というか1人は欲しかった未来っ子枠にしてもいいのでは??
前記事で名家のいざこざは~とか言ったけど、ソニックシリーズもたまに闇を感じるのでそこはそれでいい気がする。
あ、ダークは恐らく少し設定を変えてオリソニ枠のままになると思う。そうなるとマイルの設定も掘り返したくなるな。

クレナもカミルレもシロップもマイルも10年くらい描いてないので誰も分からないなってことには気付いている。
* [Original] | 2017.07.19

紫蘭さんと紫君。紫蘭さんは最初に描いたやつのせいかはだけている印象が強い。
でも普通にはだけてるだけだと焔さんと被るんだよな…と悩んだ結果、困った時の黒インナーに落ち着きました。
莎草君も黒インナー入れようとしていたんだけど、彼はきちんと着てそうだから差別化はできるだろう。
正直、莎草君と紫君がちょっと被ってるなって自覚はある。差別化に悩んで4年くらい経った…。


全身を描くついでにちょっと色調整。こうやって並べると成長前と後みたい……あながち間違いではない。
ちなみに紫蘭さんが左足につけてる“赤い布と銀の鈴”は稲生山に関するものの証なんですが、
山に留まらずふらふらしている紫蘭さんが一応付けている辺り、山に関心がない訳ではないんだよねって。
最初は「巫女姫とお揃いだから…」とか考えていたけど、巫女姫は多分付けてないな。関係ないもんな。
稲葉さんも九十九さんも紫蘭さんに役を持たせることは諦めていたけど、いざとなった時の戦力としては
かなりの信頼を置いていたんだと思う。紫蘭さんはどっちともそれなりに付き合えるタイプだ…。
ところで淡紅色の炎とかどう描けばいいんだ? これは少し可愛いピンクすぎた気がする。

狐勢は始め何も考えずホイホイと増やしていったところがあるので、少し調整を入れたい感じ。
莎草君とか「鈴蘭さんに尾を食われなければ今頃九尾になれていた」くらいの方が自然なのでは…?
home | next

copyright©2017 うさぎのそうくつ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ //