うさぎのそうくつ -blog-
[ Admin / RSS ]
[ サイトTOP ]

(二次)オリジナル中心・親馬鹿でチラ裏な雑食ブログ
MY主人公・二次オリ・擬人化要素/NL・BL・GL要素/女装・パロディ等々ごちゃ混ぜです
(露骨な描写はありませんが、臭わせるようなものが含まれるので気持ちR-15くらい)

* [Original] | 2017.07.19

紫蘭さんと紫君。紫蘭さんは最初に描いたやつのせいかはだけている印象が強い。
でも普通にはだけてるだけだと焔さんと被るんだよな…と悩んだ結果、困った時の黒インナーに落ち着きました。
莎草君も黒インナー入れようとしていたんだけど、彼はきちんと着てそうだから差別化はできるだろう。
正直、莎草君と紫君がちょっと被ってるなって自覚はある。差別化に悩んで4年くらい経った…。


全身を描くついでにちょっと色調整。こうやって並べると成長前と後みたい……あながち間違いではない。
ちなみに紫蘭さんが左足につけてる“赤い布と銀の鈴”は稲生山に関するものの証なんですが、
山に留まらずふらふらしている紫蘭さんが一応付けている辺り、山に関心がない訳ではないんだよねって。
最初は「巫女姫とお揃いだから…」とか考えていたけど、巫女姫は多分付けてないな。関係ないもんな。
稲葉さんも九十九さんも紫蘭さんに役を持たせることは諦めていたけど、いざとなった時の戦力としては
かなりの信頼を置いていたんだと思う。紫蘭さんはどっちともそれなりに付き合えるタイプだ…。
ところで淡紅色の炎とかどう描けばいいんだ? これは少し可愛いピンクすぎた気がする。

狐勢は始め何も考えずホイホイと増やしていったところがあるので、少し調整を入れたい感じ。
莎草君とか「鈴蘭さんに尾を食われなければ今頃九尾になれていた」くらいの方が自然なのでは…?
スポンサーサイト
home |

copyright©2017 うさぎのそうくつ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ //